文字サイズ

モレイラ1次試験突破ならず 唯一の合格者は藤井「ワンステップ進むことができた」

 質問に答えるジョアン・モレイラ騎手=大井競馬場
夢に一歩近づいた藤井勘一郎
2枚2枚

 JRAは11日、騎手免許一次試験(学科、筆記)合格者の人数を発表。突破したのは1人だった。二次試験は来年1月30日に行われ、合格発表は2月12日。

 合格者は現在、南関競馬で期間限定騎乗を行っている藤井勘一郎騎手(34)。11日の大井1R騎乗前に取材に応じ、「6回目で初めてワンステップ進むことができました」と喜びを語り、「南関での免許期間(1月7日まで)終了後も時間があるし、気を抜かずに次の試験に向けて準備をしたい」と気を引き締めた。

 美浦の藤沢和雄厩舎、栗東の矢作芳人厩舎などJRAのトップ厩舎での研修も続けてきた藤井は「みなさんから『とにかく受け続けろ』と言っていただいていた。何とか受かってスタート台に立ちたい」と決意を語った。

 同騎手は中学卒業後、JRA競馬学校の入学試験に不合格。その後、17歳の時にオーストラリアで騎手デビューし、これまでシンガポール、マレーシア、韓国などで騎乗してきた。日本でも南関競馬やホッカイドウ競馬で期間限定騎乗を行い、騎手免許試験も継続して受験している。

 13年にはコリアンダービーを外国人騎手として初制覇。16年にはクリソライトでコリアC・韓国G1を、今年はモーニンでコリアスプリント・韓国G1を制すなど、JRA所属の日本馬でも結果を出している。

 なお、初受験となったジョアン・モレイラ騎手(35)は不合格。昨シーズンまで騎乗していた香港での騎手免許を返上して、JRAでの通年免許取得を目指したが、突破はならなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス