文字サイズ

【競輪】清水“積極”6着「動いたことで次につながったと思う」

 脇本(5)が1着でゴール。先行した清水(9)は6着だった
1枚拡大

 「寛仁親王牌・G1」(8日、前橋)

 脇本雄太(29)=福井・94期・S1=が最終バック3番手からまくりを決めて寛仁親王牌初優勝。8月のオールスター(平)に続くG1連続Vを達成した。

 G1・5回目の挑戦で初の決勝進出を決めた清水裕友(23)=山口・105期・S1=は6着。脇本-三谷を追走して3番手を確保したが、打鐘を合図に猛スパート。近畿勢を制して主導権を握る果敢なレースを披露して場内を沸かせた。「3番手にいても脇本さんをまくることはできない。動いたことで次につながったと思う」と汗をぬぐった。来月の競輪祭でも目が離せない存在になりそうだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス