文字サイズ

【関屋記念】プリモシーン 22年ぶり3歳馬Vへ躍動 北村宏も成長を実感

 きっちり最先着を決めたプリモシーン(手前)=撮影・園田高夫
1枚拡大

 「関屋記念・G3」(12日、新潟)

 うら若き乙女が美浦Wで弾んだ。3歳牝馬プリモシーンは8日、北村宏を背に3頭併せ。リモンディ(4歳1000万下)、レッドフレイ(3歳未出走)を前に見る形から発進して4角へ。直線で最内に潜り込むと、楽な手応えで突き抜けた。タイムは4F51秒0-37秒2-12秒2。

 昨年10月(東京未勝利戦1着)以来、10カ月ぶりの手綱を取った鞍上は「未勝利の時からいい馬だと感じていたが、当時よりも重量感が増している」と成長を実感する。1戦1勝のパートナーに「本質的な走りは以前から良かったから、それを実戦で出せるように。流れに乗ってスムーズに運びたい」と力を込めた。

 春2戦はスタートで出遅れ、流れに乗れずに終わった。木村師は「ゲート練習では落ち着いているし、常歩の質も良くなっている。この中間は落ち着いてケイコできるように、厩舎が取り組んできたことがレースでどう出るのかが重要。それで結果がついてくればうれしいですね」と楽しみにする。歴戦の古馬撃破で22年ぶりの3歳馬Vを成し遂げるか。期待は高まるばかりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス