文字サイズ

【エルムS】ロンドンタウン 連覇へ万全 初コンビの蛯名「すごく良かった」

 蛯名を背に、函館Wで負荷をかけられたロンドンタウン
1枚拡大

 「エルムS・G3」(12日、札幌)

 連覇に向けて視界良好だ。昨年覇者ロンドンタウンは8日、函館Wで5F72秒2。速い時計は出さなかったが、柔らかいフォームでしなやかな走りを披露した。休養明けとなるものの、仕上がりは万全と言っていいだろう。

 待ちに待った一戦に向けて態勢は万全だ。前年覇者ロンドンタウンが函館Wで軽快な動きを見せた。5Fからゆったりと入り、3角過ぎからペースアップ。最後まで余裕を持った走りで5F72秒2-41秒1-13秒1を記録した。

 騎乗した蛯名は「しまいを伸ばすイメージで乗った。反応がひと息だったら追ってくれ、と言われたけど、やる必要はなかったね」と説明する。あえて速い時計は出さなかったのは状態がいいからこそ。4カ月の休養明けながら十分に仕上がっている。「初めて乗ったけど、動きはすごく良かった。具合は良さそうだよ」と内容に合格点を与えた。

 見守った牧田師も満足している。「動きは良かったし、昨年と比べて遜色のない状態。体つきはゆったり映るが、太い感じではないよ」と出来の良さを強調する。昨年のこのレースではこれまでの記録を0秒8も短縮する1分40秒9のレコードタイムでJRA重賞初制覇。破った相手も上り調子にあったテイエムジンソクだから価値がある。「舞台はいいからね」と師はコース変わりを歓迎。近走はひと息のレースぶりが続いているものの、今回は一変する要素は十分にある。

 昨年はここを足掛かりに韓国へ遠征してコリアCを快勝。異国の地で重賞制覇を達成する飛躍を遂げた。「本調子なら十分にやれる」と鞍上は手応えをつかむ。さあ、狙うは昨年の再現だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス