文字サイズ

【ボート】山川最強女王 歴代最多V4!51歳9カ月、最年長Vも更新

 歴代最多4回目の優勝を果たした山川美由紀(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「レディースチャンピオン・プレミアムG1」(5日、桐生)

 人気を集めた1号艇の山川美由紀(51)=香川・57期・A1=がインからコンマ06のトップSで堂々と逃げ切り、歴代最多となる4回目の女王の座に輝き、賞金1000万円を手にした。これで通算では78回目の優勝。G1優勝は4回目で、51歳9カ月でのVは、自身が持つ大会最年長優勝も更新した。2着には寺田千恵、3着には広中智紗衣が入った。

 大一番で山川がこん身のSを決めた。インからコンマ06のトップSに「やっちゃったかなと思った」と本人には少しドッキリの速いS。さらに1Mも「大失敗をしてしまった」と少しターンがふくれ、バックでは差した寺田に迫られたが「エンジンが良かった」と話すように、文句のない機力を味方にVゴールを駆け抜けた。

 今シリーズは初日連勝スタートで、予選をトップ通過。準優、優勝戦と最後まで主役の座を譲ることはなかった。「最初から乗り心地が良かったので、前節の加瀬(智宏)君のペラを信用した。半分加瀬君のおかげ。調整も2日目のピストン交換はバクチでしたが、自信はあった。あれで一気に流れはきましたね」と長年培ってきた調整力も駆使し、ベテランの底力を見せつけた。

 “女王”のタイトルは過去9、14、26回大会で獲得。このタイトルにこだわりのある山川が「相性のいいレース。困ったときに助けてくれるレースです」と歴代最多となる4回目の優勝を、最高の笑顔で喜んだ。

 これで女子の獲得賞金額でもトップに浮上。昨年後半から、なかなかリズムをつかめず、少し苦しんだが、この優勝で流れも変わる。このあとも女子のビッグタイトル奪取に向け51歳のベテランが、全力で戦っていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス