文字サイズ

【愛知杯】エテルナミノル 重賞初V たのも“四位”~!ベテラン代打騎乗できっちり

 鮮やかに重賞初Vを決めたエテルナミノル(右)
1枚拡大

 「愛知杯・G3」(13日、中京)

 力強く抜け出した。好位から積極的に運んだ6番人気のエテルナミノルが快勝。直線、後続の猛追をしぶとく封じ込んで重賞初制覇を果たした。「スタートが決まって、すんなりと流れに乗れたことが大きいね」と四位が振り返る。前走の鞍上・和田の騎乗停止によって巡ってきたチャンスを、45歳のベテランがきっちりとモノにした。

 もともと素質は高かったものの、ゲート難が災いし、これまで安定した結果を残すことができなかった。前走のターコイズSも発馬機内で暴れて痛恨の出遅れ。必死に追い込むも5着に終わっている。本田師は「この中間、ゲート練習をしてきた効果はあったね。(ゲートが)怖いものではないことを教えてきたんだよ。発馬さえまともなら、前走も勝ち負けになっていたはずだから」と納得の表情でうなずいた。

 今後について、指揮官は「これで少しレース間隔をあけられる。馬体がしっかりして中距離も持つことは分かったけど、春の目標はヴィクトリアマイル(5月13日・東京)になるかな」と言及。年明けの桶狭間で結果を出したエンパイアメーカー産駒の5歳牝馬が、さらなる強敵が集う舞台を目指して歩みを進める。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス