文字サイズ

【阪神JF】ソシアルクラブ抽選突破 史上初母子3代同一G1制覇へ第一関門クリア

 史上初の大偉業に挑むソシアルクラブ
1枚拡大

 「阪神JF・G1」(10日、阪神)

 夢がつながった。出走馬が確定し、名牝ブエナビスタの2番子ソシアルクラブが、12分の9の抽選を突破。大一番への出走切符を手にした。牝馬限定戦となった91年以降、母ブエナビスタをはじめ、ウオッカ、トールポピー、ジョワドヴィーヴルの4頭が抽選突破でVを決めた。祖母ビワハイジから続く史上初の母子3代同一G1制覇の偉業へ、その期待が一層高まってきた。なお、きょう8日に枠順が発表される。

 願いが届いた。ソシアルクラブが12分の9の抽選を突破。第一関門をクリアした。

 池添学師は「確率も高かったですけどね」と苦笑いだが、「あとは無事に出走してもらえれば」と本番を見据える。母ブエナビスタ(08年)は17分の6の難関を突破してV。祖母ビワハイジ(95年)から続く史上初の母子3代同一G1制覇へ、まずはその挑戦権を手に入れた。

 デビュー戦は首差の辛勝だったが、ラスト3Fはメンバー最速の上がり(34秒4)で、後方から鮮やかに差し切った。「新馬戦の1週前に(岩田)ジョッキーに乗ってもらったけど、物足りない感じだった。競馬に行って変わる感じだね」と指揮官は血の確かさをアピールする。

 今回コンビを組むのは、11年にソシアルクラブの叔母ジョワドヴィーヴル(15分の6の抽選)で制している福永だ。牝馬限定戦となった91年以降、唯一のデビュー2戦目で戴冠した馬と、共通点が並ぶ。1週前追い切りで感触を確かめ、「馬格はこっち(ソシアルクラブ)の方がある。まだハミに頼って走っているけど、その中で初戦を勝つんだから。乗りやすかったし、ポテンシャルの高さは感じる」と評価した。

 追い切り翌日の7日朝は、運動のみで調整を終えた。「2戦目でレースぶりが上手になっているかは分からないけど、初戦が多頭数だったのはいい経験だった。阪神の外回りもいいですね」と、トレーナーは舞台設定を歓迎する。

 歴史に名を刻む記録へのチャレンジ、そしてデビュー2戦目でのG1奪取へ。血がつなぐ“夢物語”が、現実となるかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス