文字サイズ

【秋華賞】レーヌミノル 巻き返しへ雪辱仕上げ 本田師「今までで1番いいぐらい」

 池添を背に栗東CWで追い切るレーヌミノル
1枚拡大

 「秋華賞・G1」(15日、京都)

 このままでは終われない。ローズS9着からの巻き返しを期すレーヌミノルは、池添を背にして12日、栗東CWで単走。直線では力強いフットワークでチップを蹴り上げ、ラスト1Fは12秒0をマーク(全体では6F81秒7)した。動きを見つめた本田師は「思っていた以上にいい時計だった。状態がいいんだろう。素軽さも出てきたし、気合も乗ってきた」と好気配を伝える。

 桜花賞制覇後はオークス、ローズSと結果が出ていない。引き続き距離が不安視されるが、指揮官は「こなしてくれると思う」とキッパリ。「カイバ食いもいいし、(本数も)やれているのが強み。今までで一番いいぐらい」と胸を張る。淀の舞台で、桜の女王の意地を見せつけたい。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス