文字サイズ

藤田伸二元騎手地方競馬騎手1次試験突破ならず 「応援してくれた人たちには“ありがとう”」

元JRA騎手の藤田伸二氏
1枚拡大

 元JRA騎手の藤田伸二氏(45)が、地方騎手免許1次試験を通過できなかったことが25日、分かった。同氏は15年9月に引退し、ホッカイドウ競馬での騎手復帰を目指し、15日に筆記による1次試験に臨んでいた。

 電撃引退から2年。「“藤田伸二を乗せたい”という理由で馬主免許を取得した馬主さんもいる。生まれ故郷の北海道で、お世話になったオーナーの馬に乗れたら…と思ったのが理由」と再デビューを目指した経緯を熱っぽく語っていたが、夢はかなわなかった。「今年だけの一発勝負」と今回限りの受験であることも明かしている。

 藤田伸二氏「電話で不合格という連絡があった。競馬に乗ることには自信があっても、こうやって筆記試験を受けるのは約30年ぶり。実際、難しかったから。応援してくれた人たちには“ありがとう”と言いたい。試験は今回の1回だけで、もう受けるつもりはない」

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス