文字サイズ

珍事!?タバコ吸い殻が原因で出走取消に 25日中山6Rニコチン摂取の疑い

 25日の中山6R4歳以上500万下に出走予定だったカシノエイシ(牡4歳、美浦・二本柳俊一厩舎)が珍しいアクシデントで出走取消となった。

 前日の24日午後4時頃、美浦トレーニングセンター(茨城県)の厩舎で、同馬の馬房の前にタバコの吸い殻が落ちているのが発見された。そのタバコの銘柄を吸っている厩舎スタッフがいなかったため、禁止薬物(ニコチン)を摂取した可能性を否定できないと判断。調教師から出走取消の申し出があった。

 ニコチンには中枢神経を興奮させ、心拍数の増加や呼吸を促進するため、禁止薬物に指定されている。過去にJRAではニコチン摂取で失格になった例は一度もないが、16年12月の水沢競馬では、レース後の勝ち馬から検出され、3頭が失格になっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス