文字サイズ

【競輪】GKC高松Sは石井貴子が制圧 鋭脚発揮で3連単配当は9万円超と波乱

ガールズケイリンコレクション2017高松ステージで優勝した石井貴子
カップを手に記念写真に収まる(左から)郡司浩平と石井貴子=高松
表彰後、胴上げされる石井貴子=高松
3枚3枚

 「ウィナーズカップ・G2」(20日、高松)

 「第1回ウィナーズカップ」最終日9Rで行われた「ガールズケイリンコレクション2017高松ステージ」は、石井貴子(27)=千葉・106期=が優勝。先行した児玉碧衣(福岡)の番手に入り、直線で外を伸びて1着でゴールした。児玉が2着に粘り、石井貴を追う形になった石井寛子(東京)が3着に入り、3連単は9万円を超える高配当だった。

 優勝した石井貴は2015年9月の松戸以来となるガールズケイリンコレクション制覇。「6番車で初手6番手は運命ですね。冷静に(動けて)いいところ(児玉の番手)に入れました。動ける人が3人(児玉、高木真備、奥井迪)といて、番手を狙う人も迷ってたと思ったので、その隙を縫った感じですね」と位置取りに関して振り返った。「ナショナルチームや地元の千葉で練習していることが刺激になってます」と練習の成果を強調。最後に「ケガをせず地力をつけて、今後も頑張りたいです」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス