文字サイズ

メイショウマンボが阪神牝馬Sで引退へ 2年5カ月ぶりVで有終なるか

オークスを制したメイショウマンボと武幸四郎=2013年5月19日、東京競馬場
好位から抜け出してオークスを制したメイショウマンボ(右手前、左は1番人気も3着のデニムアンドルビー)=2013年5月19日、東京競馬場
2枚2枚

 13年オークス、秋華賞、エリザベス女王杯とG1・3勝を挙げたメイショウマンボ(牝7歳、栗東・飯田祐史厩舎)が次戦の阪神牝馬S(4月8日・阪神)を最後に現役を引退し、繁殖入りすることが発表された。

 同馬は12年11月、飯田明弘厩舎からデビュー。13年度のJRA賞最優秀3歳牝馬に選出された。翌春の同厩舎解散後、息子の飯田祐史厩舎に移籍したが、なかなか勝ち鞍を挙げることはできす、近走は2桁着順続きに。13年11月のエリザベス女王杯以来となる勝利をラストランで狙う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス