文字サイズ

【南関東競馬】砂の女王ホワイトフーガ史上2頭目となる連覇

 JBCレディスクラシックを制したホワイトフーガ。左は2着のレッツゴードンキ
1枚拡大

 「JBCレディスクラシック・Jpn1」(3日、川崎)

 これがまさしく砂の女王の本当の姿だ。1番人気のホワイトフーガが、ミラクルレジェント(11、12年)以来となる史上2頭目の連覇を成し遂げた。

 インの3番手から勝負どころの3コーナーで外に進路を導かれると、前の2頭をひとまくり。懸命に追いすがるレッツゴードンキを寄せ付けず、余裕のフィニッシュだった。

 「人気に応えられて良かった。3~4コーナーの手応えも抜群。力強くなってますよ」と蛯名は満足そうに話した。高木登師も「ホッとしました。いいポジションでレースを進めていたし、外をまくって行った時に大丈夫だと思った。精神的にもタフになってますね」と笑みをこぼした。

 次走は「オーナーと相談してから」(同師)と流動的だが、砂の女王の今後がますます楽しみになってきた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス