文字サイズ

矢作師の愛娘・麗さん、初の的中へ気合

 クラシック最後の1冠を狙うリアルスティールと矢作芳人師(右)、次女でタレントの矢作麗さん(左)
1枚拡大

 矢作師の次女でタレントの矢作麗さんが、秋華賞が行われた18日のデイリー紙面で“予想デビュー”を果たした。

 ◎に推した桜花賞馬のレッツゴードンキは直線でズルズル後退し、まさかのブービー17着大敗。勝ったミッキークイーンが対抗の○評価、8番人気で3着に奮闘したマキシマムドパリに△の印を打っていたが、的中デビューとはならなかった。

 リベンジを狙う菊花賞には、父の管理馬で上位人気が予想されるリアルスティールが出走。「秋華賞は残念ながら外してしまいましたが、菊花賞には“すごく楽しみにしている馬”が登場しますからね。いろいろと考えながら、今度こそ当てたいと思います」と初の的中へ気合が入る。

 果たして、父の管理馬を本命視するのか否か。その“決断”に注目が集まる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス