文字サイズ

ダービー馬キズナ屈腱炎で電撃引退

 武豊とダービーを制覇したキズナ
1枚拡大

 競馬界に衝撃が走った。13年の日本ダービー馬で、天皇賞・秋(11月1日・東京)での復帰を目指していたキズナ(牡5歳、栗東・佐々木)が右前繋部浅屈腱炎を発症したため現役を引退することが20日、決まった。今後は種牡馬に転身する予定だが、けい養先などは未定となっている。

 今春の天皇賞7着後は凱旋門賞・仏G1への挑戦を見送り、秋の国内戦での反撃を誓って放牧へ。18日に栗東へ帰厩し、本格的な調整を進めようとしていた矢先に、脚元に不安が発生してしまった。

 武豊の手綱でダービー馬に輝き、同年秋にはフランスへ遠征。初戦のニエル賞・仏G2を制すると、オルフェーヴル(2着)とともに日本馬初Vを目指した凱旋門賞でも見せ場十分の4着に好走した。さらに、14年初戦の大阪杯も完勝。ここまでは順風満帆だった。

 だが、続く天皇賞・春(4着)でレース中に左第3手根骨骨折を発症して長期休養を余儀なくされると、今年2月の京都記念(3着)での復帰以降も3連敗。本来の輝きを取り戻せないまま、ターフを去ることになった。

 通算成績は14戦7勝(うち海外2戦1勝、重賞はG11勝を含む5勝)で、獲得賞金は5億1595万5800円(うち海外3955万6800円)。佐々木師は「オーナーと相談の結果、引退させることとなりました。ファンが多い馬だったので非常に残念です」と語り、武豊も「復帰を楽しみにしていただけに非常に残念です」と肩を落とした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス