文字サイズ

【大井競馬】50円から10円刻み馬券が登場

 大井競馬を主催するTCK特別区競馬組合は12日、4月から始まる2014年度の基本方針、基本施策を発表。新SPAT4システムの充実の一環として新たな重賞式馬券が発売し、その馬券に限り、50円から10円刻みで購入できる方向で検討していることを明らかにした。

 競馬ファンなら誰もが一度は夢見たことのある、新しい馬券がネット限定で発売されることになる。対象になる馬券は、「SPAT4」(大井・川崎・船橋・浦和の南関東4競馬場が共同で運営する電話、インターネットによる馬券投票システム)で発売を予定している新馬券「トリプル馬単」(仮名称)。指定された3レースの馬単を全て当てる賭式で採用されることになる。50円の賭け金に対して、配当の上限は3億円。50円から10円刻みでの購入が可能となる模様だ。

 距離にもよるが、大井競馬のフルゲートは最大16頭。仮に3レース全てが16頭立てなら、1レースに付き1点ずつだけを投票した場合の理論上の的中率は1382万4000分の1になる。

 会見したTCK特別区競馬組合の斉藤弘事務局長が「少額で大きな夢を与えられるような馬券を」と話したように、これまでよりも少ない“投資”で、ビッグな夢を見ることができる。控除率は未定だが、JRAのWIN5(6月7日以降からは70%)と同じ水準になるとのこと。「今年度中の早い時期に売りたい」。売り上げでは低迷気味の公営レース業界だが、これが起爆剤となれば他の競技への波及も期待できる大きな一歩。発売の日が待ち遠しい。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス