文字サイズ

【中山牝馬S】イマージン快活な動き

 「中山牝馬S・G3」(10日、中山)

 5度目の重賞制覇を目指し、フミノイマージンは6日、栗東CWで上がり重点に快活な動きを披露。4カ月ぶりの実戦でも仕上がりは上々で、トップハンデの57キロでもG3なら底力の違いを見せつけたい。

 朝イチの追い切りラッシュが一段落した栗東CWに、フミノイマージンが僚馬のダンツホウテイ(8歳オープン)を従えて現れた。ゆったり発進し、向正面では4馬身ほど先行。3角あたりからピッチを上げ、最後は鼻面をそろえて併入した。

 6F85秒8‐38秒3‐11秒9と時計は目立ったものではなかったが、首をリズミカルに上下させ、四肢のさばきも実に素軽い。4カ月の休み明けとはとても思えない好気配。「先週も馬場が悪かったし、時計もかかっていた。けれど、動きは良かったからね」と本田師も、そのフットワークに満足した様子だ。

 栗東に帰厩したのは2月上旬ながらも、放牧先でしっかり乗り込みを重ねてきたことで太め感はない。トレーナーも「ずっと乗っていたからね。暖かくなるのを待っていただけ。体は増えているかもしれないけど、重くはない」とうなずいた。

 昨秋に最大目標のエリザベス女王杯で11着と大敗したが、力負けではない。自慢の切れ味は、内めの荒れた馬場に威力をそがれた。年が明けて、リベンジの春。「中山との相性も問題はない。前回?忘れたいね」。悪夢を振り払うには、好結果を積み重ねるほかない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス