文字サイズ

【秋華賞】アイス積極果敢に行く!

 「秋華賞・G1」(14日、京都)

 2冠馬が相手でも、気後れするそぶりは見られない。強気の弁を売りとする相沢師+松岡の師弟がコンビを組むアイスフォーリス。枠順が12日、発表され、(6)枠(12)番を見るなり、ジョッキーはニヤリ。「良かった。(12)番よりも内がいいと思っていたんだ。2冠馬よりも外はきつい。いいんじゃないの」。紫苑Sでは大外枠が影響して5着。最悪のケースを免れて、安どの表情を浮かべた。

 ジェンティルドンナの圧倒的な強さにひるむ陣営は多い。だが、松岡はファイティングポーズを崩していない。「積極的に乗りたい。正直G1だからどうだとか、相手が強いとかあまり考えていないよ。ただの小回りの2000メートルだと思えばいい。初心に帰ってね。普通に考えれば前にいる方が有利。だから俺は行くよ」。この迷いなき姿勢が不気味に映る。

 出来は絶好だ。金曜の朝は角馬場で体をほぐしたあと、美浦Pをキャンターで周回。「負荷をかけるのではなく、軽いポリトラックで回転を上げるイメージ。状態は前走よりも全然いい」と鞍上は好感触を伝えた。相沢師も仕上がりには太鼓判を押す。「とにかくいい感じだから。楽しめるはず」とうなずいた。

 樫では9番人気で3着に奮闘した。ここ一番で底力を発揮するステイゴールド産駒。松岡は「G1なんだから。勝負をかけていくよ」と締めくくった。大舞台向きの人馬が波乱を巻き起こす。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス