文字サイズ

斉藤朱夏「みんなと会えたのが奇跡」1年半ぶりワンマンライブに感激

 声優で歌手の斉藤朱夏が3日、東京・有明の東京ガーデンシアターで約1年6か月ぶりとなるワンマンライブを開催。「感謝とリスタート(再開)」をテーマに全10曲を熱唱した。

 8曲目を終えた斎藤は、ゆっくりと客席に語りかけた。「1年半会えなかったけどみんながずっとずっと背中を押してくれた。みんながいてくれたから、私は突っ走ってこられた」。赤いワンピース調の衣装に身を包み、充実した表情で額の汗をぬぐった。そのままライブタイトルにも採用した「セカイノハテ」に突入。ブレードで赤く染まった会場を沸騰させ、この日のクライマックスをファンと一緒につくり上げた。そして今後への決意を示すように「止まらないで」でフィナーレを飾った。

 昨年予定されていた「手つかずの明日」ツアーはコロナ禍のため、全公演が中止になった。2曲目を終え、最初のMCでは「こんなにも会えることがうれしいなんて思っていなかったです。今日この日を迎えられたのが奇跡」と感情を高ぶらせた。久々の夢ステージ。何度もファンに感謝の思いを伝えながら、全速力で駆け抜けた。

 開演前に「全部見て欲しい」と意気込んでいた通りの圧巻ライブ。8000人収容の会場は1席ずつ距離を空けながらだったが、ほぼ満員のファンに支えられた。新たな展開も公演中に発表。「真夏のハイウェイ」ツアーは8月4日の名古屋、翌5日の大阪、同16日の東京と計3公演を予定。特に最終日は25歳の誕生日でもある。待望のファーストフルアルバム『パッチワーク』の8月18日発売も明らかにした。「みんなとまた2カ月後に会える!またパワーアップして戻って来ます!」と熱く誓った。リスタートを切った斉藤朱夏は、感謝の思いとともに、まだまだ走り続ける。

 斉藤は2015年に『ラブライブ!サンシャイン!!』の渡辺曜役で、声優としてデビュー。19年にはSACRA MUSICに所属しソロ歌手の活動を開始。ファーストシングル『パパパ』はYouTubeの公式チャンネルで475万回再生されている。今年4月には日本テレビ系の情報番組「ズームインサタデー」のお天気キャスターに就任し、話題を呼んだ。

(よろず~ニュース・松田 和城)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サブカル系最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス