文字サイズ

お嬢様女優は美容整形を支持 自身の美容注射歴も明かす

 グウィネス・パルトロウ(48)が、女性は美容整形に関して堂々とすべきだとしている。ライフスタイルブランド、グープの創立者でボトックス注射ゼオミンの広告塔としても知られるグウィネスは、女性たちが美容整形を恥と思ったり、自分を強いと証明する必要はないと感じるという。

 「ハリウッドで成功している多くの女性は若い頃に力不足と扱われたことでモチベーションを高めている。何かを証明しなきゃというね。注射をするというのは脆弱性を認めるようなこと。正直でいることは弱いと認識されることがあるわ。注射に関しては汚名の印みたいに思われている」とグウィネスはハーパーズ・バザー誌に語る。

 自身もゼオミンを少量注入したことにより見た目がマシになったと明かすグウィネスは、美容整形や注射に関する負の印象を失くしたいとして、「女性たちが共有できればいいと思う。手術や注射、フィラーに関して恥ずかしいという気持ちがあるでしょ。自分のした選択に自信が持てれば素晴らしいこと。でも美容に関して秘密にしておきたいならそれもOKだわ。私はオープンで、自分に良かったものはシェアしたい。私は常にそうやって学んできたから」と続けた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

編集者のオススメ記事

海外スターバックナンバー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス