文字サイズ

ジョージ・クルーニー、交通事故に遭うも命に別状なし

ジョージ・クルーニー
1枚拡大

 ジョージ・クルーニーが、イタリア領サルデーニャ島で交通事故に遭った。映画版「キャッチ=22」の撮影で同地を訪れていたジョージは、スクーターを運転中に車と衝突し、20フィート(約6メートル)ほども投げ出されたという。

 ジョージは幸いにも軽傷で済んだようで、数日で退院したそうだが、大惨事になっていた可能性も十分にあったことを事故の惨状が物語っている。

 事件を知る人はTMZにこう証言している。「ジョージが60マイル(約96キロ)で運転していると、車が突然彼の前に割り込んで来たんです。ジョージはバイクから投げ出され、ヘルメットは車のフロントガラスに叩きつけられ、ガラスが割れたほどでした。実際、ヘルメットが壊れるほどの衝撃だったんです。ジョージは20フィートほど宙を舞い、ぶつかった車を飛び越えてました」

 救急車で緊急搬送されたものの、命に別状はない怪我だったそうで、現在はイタリアの自宅で妻アマルの看病で療養しているそうだ。(BANG Media International)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス