文字サイズ

DAIGO「インビジブル」おネエ怪演に爆笑「ハマリ役w」「クセになる」おっさん!に総ツッコミ

DAIGO
DAIGOのツイッター@Daigo19780408より
2枚

 俳優・高橋一生主演のTBSドラマ「インビジブル」第5話が13日、放送された。特命捜査対策班の刑事・志村(高橋一生)から、犯罪コーディネーター・キリコ(柴咲コウ)を追跡するため協力するよう強要される凄腕ハッカーとして、ラビアンローズ(DAIGO)が再登場した。

 志村に締め上げられると「ちょっと、なによぉ!それが人にものを頼む態度っ!?痛いぃーっ!」とお怒りだが、志村が鑑識の近松(谷恭輔)を相棒にあてがうと、いたくお気に召した様子。高度なハッキングに興奮しまくる近松と、うれしそうに体を触るローズの名コンビが誕生した。

 ネット上は「また出てきた」「DAIGOローズちゃん出たー」「DAIGOのオネェ演技がクセになってきたw」「DAIGOオネエ見てると元気出てくるわ」と大喜び。「DAIGOのオネエキャラ、ハマってんなあw」「マジでかわいい」「このキャラ最高」「DAIGOオネェ役うまい」「演技上手い」と振り切れた演技に沸いた。

 志村が専門用語がわからずにいると、「おっさんにはチンプンカンプンでしょーねぇ!」と毒づいた。

 DAIGO・44歳、高橋一生・41歳。「DAIGOさんの方がおっさん」「DAIGOの方が上だからなw」と一斉に突っ込みが入った。

 ツイッターにも「ローズよ インビジブル観てる??もしかしてわたしにハマってる?ドラマにハマってる?それが正しいわよ!」とノリノリで投稿している。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス