文字サイズ

吉村知事 自宅待機解除「濃厚接触者の社会からの隔離制度は廃止すべき」の考え示す

 大阪府の吉村洋文知事が23日、ツイッターを更新。自宅待機の5日目となったこの日、抗原検査を行い、陰性だったことを報告。25日から「登庁しての公務に復帰します」と宣言した。

 吉村知事は18日に、高校生の娘が新型コロナに感染し、濃厚接触者となったことを報告。自宅待機となっていた。

 そしてこの日、「自宅待機5日目。先程、オンラインで産業医の立ち会いの下、2日目の抗原検査を実施、陰性でした」と報告。「日々、健康観察していますが、何らの症状もありません。これをもって自宅待機は解除になります」とし、週明けから登庁しての公務に復帰するとした。

 続くツイートでは「自宅待機を終え、改めて思います」と切り出し、「『濃厚接触者の社会からの隔離制度は廃止』すべきと思います」と投稿。

 「何らの症状も出ておらず、健康で元気な社会人や学生を社会的に隔離するのは、メリットよりデメリットの方が大きいと思います」との考えをつぶやいていた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス