文字サイズ

小室圭さんNY試験 清原弁護士「落とす試験でない。普通はポンと受かる」原因克服しないと再失敗と

 米ニューヨーク州などの弁護士資格を持つ国際弁護士の清原博氏が15日、TBS系「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」に出演。同日未明に公表されたNY州の司法試験の合格者リストに秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)の名前がなかった件についてコメントした。小室さんは昨年7月に初受験したが不合格に。今回、再挑戦したとみられていた。

 司会の石井亮次が「乱暴な言い方になるが」としたうえで、合格する実力のある人は初回で合格することが多いのかと聞くと、清原氏は「そうなんですね。アメリカの司法試験は落とす試験ではないので、普通はポンと受かっていく。何かの理由で受からない人は、やはり理由が分からないまま(再度)受験し、克服せずに失敗してしまう」と一般的な傾向を解説した。

 7月実施試験は、「ロースクールを卒業したての人がたくさん受けるので、記憶がフレッシュで、結構みなさんポンと受かる」とし、一方で2月実施試験は「7月に落ちた方は勉強不足な部分がある中で、2月を受験するが、仕事があったりしてなかなか受験勉強できない」と事情が違うことを説明した。

 石井アナが、働きながら勉強するケースがほとんどかと聞くと、清原氏は「アメリカは日本と違って大学、ロースクールで親から仕送りをもらうことはほとんどない」と指摘し、「ロースクールの学生は借金があり、働かざるを得ない」ケースが多いと説明した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス