文字サイズ

宮川花子「決して遺作ではない」 大助は会見中に涙

 夫婦漫才コンビの宮川大助(72)と宮川花子(67)が3日、奈良県の自宅から「宮川花子闘病記『あわてず、あせらず、あきらめず』」(主婦の友社刊)発売記念リモート会見を行った。症候性多発性骨髄腫を患った花子の、大助の支えによる闘病を記した作品。1年半で執筆した花子は「決して遺作ではない。自分の希望をのせた本」と声を大にした。

 2019年6月から休業し、同年12月に病を公表。一時は3人がかりでリクライニング式の車イスに乗せられていたが、風呂、トイレ、階段の上りは自力で可能になった。最近の楽しみは韓流ドラマを見ながらの編みもの。お笑い番組もチェックし「いつも見ながら勝手に審査してる。M-1の時も錦鯉さん?(優勝で)泣いたもん」と打ち明けた。

 週に1度の化学療法を続ける花子は「NGKの漫才という大きな夢は遠くに置いている」と告白。会見中、涙を流した大助は「座ってのトークショーみたいなスタイルが中心になるのでは」と今後の大助・花子を思い描いた。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス