文字サイズ

鳩山由紀夫氏 日本政府に忠告「追随してはならない」 米の北京五輪外交ボイコットで

 鳩山由紀夫元首相が7日、自身のツイッターを更新し、来年2月の北京冬季五輪・パラリンピックに政府代表を派遣しない「外交ボイコット」を発表したバイデン米政権を批判し、日本が同様の措置を取らないよう訴えた。

 鳩山氏は「米政府は北京冬季五輪に政府関係者らを派遣しない『外交的ボイコット』を決めた。国内の人気取りに流されて価値観の違いをことさらに強調し、対立を煽るのは完全な間違い」と、バイデン政権の判断に疑問を投げかけた。

 米国は中国による新疆ウイグル自治区などでの人権侵害に対する抗議の姿勢を見せるのが狙いで、各国に同調の動きが拡大するとの見通しを示している。この決定に中国は激しく反発している。

 日本も米中のはざまで難しい判断を迫られることになるが、鳩山氏は日本政府に対して、「日米同盟を盾に追随してはならない」と同調しないように訴えた。「今こそ、『価値観の違いを乗り越えた共存外交』の道を世界に示すべきだ」と忠告した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス