文字サイズ

「サンモニ」青木理氏「日本の人権問題」指摘 北京五輪語らず「足下」問い直せ

 ジャーナリストの青木理氏が28日、TBS系「サンデーモーニング」に出演し、日本の人権意識に疑問を投げかけた。女子テニスのダブルス元世界ランク1位の彭帥が中国共産党の最高指導部メンバーだった張高麗元副首相に性的関係を強要されたと告白した後、安否不明となっていた問題にからめて「日本の人権問題はどうなのか」と問いただした。

 青木氏は「中国の人権問題は非常に深刻でね」と前置きした上で「経済的に言うと中国のない日本、中国のない世界っていうのは考えられない」と必要不可欠な存在だと指摘。「地域の平和と安定のために、日本独自の中国の向き合い方を考えなくちゃいけない」と主張した。

 さらに「中国の人権も問題だけれども、足元はどうかなっていうことですよね」と日本に目を向けた。「日本の人権問題はどうなのかをガッチリ固めて中国と向き合うことが求められてる」と国内の姿勢を問いただした。

 人権問題について、北京の冬季五輪に対する「外交的ボイコット」も取りざたされている。青木氏は「平和の祭典」という言葉は五輪の商業主義の前では「なぎ倒される」とし「今回の東京オリンピックは感染状況が最悪の中でやった人命軽視」と断言した。

 東京五輪については「ジェンダーの問題、性的多様性の問題とかいろんな問題が吹き上がって、大批判を浴び」たと指摘。「中国の人権問題に向き合わなくちゃいけないんだけれども、われわれの足元にある人権の問題点もきちんと問い直して『オリンピックのありようってこれでいいんですか』って発信していく、問い直していく責任があるんじゃないかな」と発言。中国の人権問題への対応などは口にせず、日本の人権問題を見直すよう提言した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス