文字サイズ

斎藤ちはるアナ「ペレストロイカ」の意味聞かれ「全然分かんない おいしそう」

 元乃木坂46メンバーでテレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサーが23日、テレビ朝日「羽鳥慎一 モーニングショー」に出演。「ペレストロイカ」の意味を聞かれ「全然、分かんないです。おいしそうな名前ですけどね」と答えた。

 この日は、8年ぶりに改訂される「三省堂国語辞典」から消える言葉を特集。「ペレストロイカ」も含まれていた。コーナーを担当した山本雪乃アナから「斎藤さん、ペレストロイカ聞いた事ありますか?ペスカトーレじゃないですよ」と尋ねられた斎藤アナだったが、先輩アナに釣られ「おいしそう」と言ってしまった。

 「ペレストロイカ」は、1980年代後半にソビエト連邦のゴルバチョフ書記長が唱えた政治体制の改革運動で、ロシア語で「再構築」を意味する。ソ連の共産体制崩壊を象徴する言葉として、当時は連日、ニュースで使われたが、24歳の斎藤アナは知らなくても無理はないか。

 ちなみにペスカトーレは、魚介類を使ったトマトソースのパスタ。

 同辞典では3700の新語が採用された一方で1700の言葉が消えるという。その中には、「携帯メール」「ゲル」「コギャル」「コレクトコール」「地味婚・派手婚」「スッチー」「着メロ」「トラバーユ」「モートル」「闇将軍」などがあるという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス