文字サイズ

加藤浩次 「親ガチャ」嘆く若者に「人生失敗で終わりなの?」

 極楽とんぼの加藤浩次が16日、日本テレビ系「スッキリ」で、ネットなどで注目されている「親ガチャ」という言葉について、「子は親を選べない」と嘆く若者へ「失敗で終わりなの?人生」と呼びかけた。

 番組では今、ネットなどで注目されている「親ガチャ」という言葉について、街の声などを紹介。親に対する不満を表す際に、簡単で使いやすい言葉として「親ガチャ」という言葉を使用、どういう境遇に産まれるかは運任せという意味合いで、カプセルトイを表す「ガチャ」と、親を組み合わせた新語だ。

 これに加藤は「子どもは親を選べない」という言葉を紹介し「この意味の中には、だからこそ親は愛情を注いで育てます、子どもは親を選べないからお父さん、お母さんを大事にするんだよという意味が含まれていた」と説明。「でも『親ガチャ』ってなると、高齢の方はガチャガチャを考える。そんな簡単にとらえるの?っていう意見。若い子はスマホゲームでバンバンガチャしてて。(親と子では)耐性に違いがある」との意見を述べた。

 みちょぱこと、池田美優は「親ガチャ」という言葉を使う若者は「だいたいが軽い意味。高齢の方が考えるほど重くはない」としたが、加藤は「親側としてはショックですよ」と率直な意見。

 さらに自分も若い頃には「恵まれた家ではなかったので他の家が大きいなとか、誕生日会楽しそうだなとか思ったことはある」と他の家庭をうらやましく思ったことはあることから「自分が今10代なら(親ガチャと言う言葉は)使うけど、失敗で終わりなの?人生って。失敗かもしれない、子どもは親を選べないと思うかもしれないが、次にそこを受け入れてどうするか。あとは虐待とかの問題は社会として考えていかないといけない問題。そこは切り離さないといけない」との考えを述べていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス