文字サイズ

狂犬・加藤浩次さえも“NG” 最強のジャニーズに「嫌だな…」

 極楽とんぼの加藤浩次が19日、日本テレビ系「スッキリ」に出演し、苦手とするジャニーズのメンバーを明かした。この日は番組で、V6の岡田准一が主演する映画「ザ・ファブル 第二章」(2021年公開)の制作ニュースを扱った。

 VTRで岡田が登場し「ぜひ楽しみに待っていただけるとうれしいです。ご期待ください」とコメントすると、ワイプの中の加藤はしぶい表情。天の声が「リアクションおかしいよ」と突っ込むと、加藤は「前、『ファブル』で岡田君がスタジオに来たときに、俺、締め落とされそうになってんだよ」と告白した。続けて「2作目で、また岡田君来るんでしょ。また、落とされんのかなって。嫌だなぁって思ってたの」と語り、絞め技はNGとした。

 映画は岡田が「ファブル」と呼ばれる最強の殺し屋を演じるシリーズ。前作は、19年6月21日に公開された。岡田はその前日に「スッキリ」に出演し、加藤の首元を押さえて引き倒し、そのままスリーパーホールドの体勢に入る技を見せていた。ジークンドーなど格闘技に精通する岡田の技に、加藤は思わず「マジで痛ぇよ。ガチだね、もうちょっと遊びがあるかと思ってた」と目を丸くしていた。

 加藤はかつて、フジテレビ系バラエティー「めちゃ×2イケてるッ!」で、当時アイドルとして活躍していた嗣永桃子さんにキックを食らわせるなど、手加減しない行動で「狂犬」と恐れられていたが、岡田の技はしっかりと心の奥底に刻み込まれていた。「締め方が本物だから。落ちる寸前だったよ」と当時の恐怖を振り返っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス