文字サイズ

橋下氏 娘の彼氏が挨拶に来た タンクトップ&泊まりの末に…

 橋下徹弁護士が25日放送のTBS「人生最高レストラン」に出演。早稲田大学時代、高校の同級生だった現在の妻が上京してきて、アルバイトで稼いで自身の司法試験の勉強を支えてくれたと、貧しくも幸せな同棲生活を送ったことを振り返った。

 当時、相手の両親は大反対だったという。「挨拶もせずに…だから僕はそういう経験あるんで、うちの娘が彼氏を連れてくる場合は、一切嫌ごとは言わない」と言い切った。

 司会の加藤浩次に速攻で「絶対ウソ」と突っ込まれるも、「長女が彼氏を連れてきたときも…」と、すでにその時が来ていたことを告白。

 仕事から帰ると、「その彼氏はランニングで出てきたんです。初めましてと…。でもウェルカムでいかないといけない!」と状況を説明し「夜も遅くなってきて、いつ帰んのかなと思ったら、泊まりみたいな話で…」と予想外の展開になったという。

 それでも「ウェルカム、ウェルカム」で受け入れたそうで、翌朝も「朝、朝食食べてるんです…」。娘の彼氏は完全に家族にとけこんでいたという。

 その彼氏も法律を勉強しており、当時、集団的自衛権の安全保障がニュースになっていて「橋下さん、集団的自衛権についての考え方ってどうなんですか?」と聞かれ、うれしくなって1時間半もしゃべってしまったという。

 「これは長女らの作戦で、そういうこと言ったら喜んでベラベラしゃべるからと。まんまと得意になってしゃべってしまった」と、術中にはまったことを振り返っていた。

 

 

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス