文字サイズ

太田房江議員 吉村知事にカミつき自爆 コロナ療養、総理に言ったのか!→「あんたの仕事」

 自民党の太田房江参院議員(元大阪府知事)が4日付ツイッターで、新型コロナウイルス患者の入院を原則、重症患者に制限するとした政府方針に関して「重症者以外、自宅療養?大阪の医療逼迫のときの経験からすれば、地域の診療所が、中等症の患者さんへの酸素吸入やいざというときの対応ができるか懸念が大いにあります」と問題視した。

 そのうえで矛先を吉村洋文・大阪府知事にも向け「吉村知事、大阪の教訓を総理にお伝えになったでしょうか。国と地方、都道府県同士、経験の分かち合いが生命線なのに!」と記した。

 この投稿には「貴女は国会議員ですよね?」「大阪の代表ちゃうの?」「自分で直接言ったらいいやん」「あなたの仕事」「あんた自民党やろ」「仕事して下さい」と一斉ツッコミが入っている。

 なお、吉村知事は今回の政府方針については、病床やホテルを十分確保しているとして、「原則ホテル療養で、入院についてもリスクのある人は入院してもらう、軽症でも入院してもらうということを今やっているので、それを引き続きやっていく」とし、ツイッターでも説明している。ただし「ただ、感染が激増したら厳しくなります」と感染予防を求めている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス