文字サイズ

阿部寛の秘密「撮影中に大きなカブトムシを…」

 俳優の阿部寛(57)が24日、都内で行われたマレーシア映画「夕霧花園」(上映中)オンライントークイベントに、主演のリー・シンジエ(45)らとリモートで出席した。

 第2次世界大戦をめぐるマレーシアでのラブストーリー。阿部はマレーシア人・ユンリン(リー・シンジエ)と恋に落ちる日本人庭師を演じている。全編マレーシアで撮影され、阿部は海外映画出演は4作目。英語せりふにも挑戦している。

 秘密を握っている自身の役にちなみ、秘密はあるか問われると、阿部は「監督に怒られるかもしれないけど、夜にものすごく大きな照明で撮影して。マレーシアには昆虫が多くて、大きいカブトムシが飛んできて、何匹か捕まえて自分の控室に連れていった」とおちゃめな秘密を明かした。

 その話を聞いたリー・シンジエも「控室で休んでいたときに、阿部さんのマネジャーに呼ばれて行くと、阿部さんの手の上にカブトムシが乗ってたんですよ!私は昆虫が苦手でビックリしました」と爆笑しながら話した。

 阿部は最後に「この映画をやって、戦争は本当に悲しいことだと実感しました。戦争自体むなしいものだと思っています。今、社会が分断されている中で、映画を見て何か感じてもらえるとうれしく思います」とコロナ禍の世界へ訴えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス