文字サイズ

春風亭昇太 「笑点」メンバーになることのデメリット

 落語家の春風亭昇太(61)が13日、読売テレビ「八方・陣内・方正の黄金列伝」(日曜、後4・30)に出演し、同局系の「笑点」に出演することのデメリットを語った。

 昇太は「落語家にとって『笑点』は憧れというわけではない」と人気番組の司会者を務めるものの、「負の部分」に触れた。

 司会の陣内智則がデメリットについて尋ねた。昇太は「笑点に入ると、ある程度キャラクターがついてしまう。このキャラクターが邪魔をして落語をやりづらくなったという人が実際にいらっしゃるんです」と述べた。

 自身の「笑点」におけるキャラクターについて昇太は「僕が大喜利で何か答えているときに今の円楽師匠が『だから結婚できないんだよ』みたいなことを言ったんです。それがウケてみんなが独身ネタでいじってきた。それで、独身キャラになった。独身キャラは邪魔にならなかった」と幸いな展開だったことを振り返った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス