文字サイズ

往年の名レスラー駿河海所蔵 力道山やシャープ兄弟の寄せ書きが「鑑定団」に登場

 テレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」(火曜、後8・54)に、往年の名レスラー・駿河海の娘(番組では実名)が出演し、力道山、シャープ兄弟ら7選手の寄せ書きサイン色紙を出品した。

 娘は「実は私の父が力道山に声をかけられて、一緒にプロレスを立ち上げたんですね」と、父の光夫さんが駿河海であることを明かした。駿河海は大相撲を引退後、力道山に誘われて日本プロレスの設立に参加。体重別日本選手権を制し、初代日本ジュニアヘビー級王者に輝いた名選手だった。

 大相撲の元前頭だった駿河海は、自身の名が掲載された番付表を飾っていたというが、「その後ろに台紙になっていたんですよ」というのが今回、出品されたサイン色紙。

 力道山、ベンとマイクのシャープ兄弟、ジェス・オルテガ、ボブ・オートン(WWEのスーパースター、ランディ・オートンの祖父)、ラッキー・シモノビッチ、バッド・カーティスの寄せ書きで、オルテガのサインには1955年9月7日の日付がある。

 番組では本物と鑑定され、18万円の値が付いていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス