文字サイズ

松潤、嵐活動休止後の俳優初仕事!「99・9-刑事専門弁護士-」が映画化

 嵐・松本潤(37)主演で2016年、2018年に放送され人気を博したTBS系ドラマ「99・9-刑事専門弁護士-」が映画化されることが16日、分かった。「99・9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(仮)」として、今冬に公開される。99・9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいくリーガル・エンターテインメントで、松本演じる超型破りな弁護士・深山と、香川照之(55)演じる敏腕弁護士・佐田の名コンビが復活する。松本にとっては嵐の活動休止後、今作が俳優としての初仕事となる。

 大人気ドラマが映画になって帰ってくる。松本の映画主演は、2017年の「ナラタージュ」以来4年ぶりとなる。

 ドラマ版は16年4月期に「SEASON1」、18年1月期に「SEASON2」が放送された。タイトルにある「99・9」は日本の刑事事件における裁判有罪率で、松本演じる弁護士・深山が、99・9%有罪が見込まれる事件でも、最後の0・1%まであきらめず真実を追求していく姿を描く。痛快なストーリーや、チームを組む元検事の敏腕弁護士・佐田との絶妙な掛け合いが人気を博し、全話平均視聴率は「1」が17・2%、「2」が17・6%を記録した。

 映画版は、事件もトリックもパワーアップ。また、「1」で榮倉奈々(33)、「2」では木村文乃(33)がヒロインを務めたが、このほど解禁された映画版のビジュアルには、松本、香川のほかにもうひとり、謎の女性のシルエットが…。新たなヒロインの登場にも期待が高まる。

 松本は、待望の映画化に「僕の大好きなキャラクター『深山先生』をまた演じられる事をとてもうれしく思います。映画館のスクリーンで暴れるチーム99・9を楽しみにしていてください」と意気込む。香川は、「『99・9』は、私が一番『私自身』でいられる唯一無二のコンテンツ。『演技』をしているという実感がいい意味でない」とコメントし、「とんでもないカオス的フリーダムが、スクリーンに炸裂する気がする」と刺激的に予告した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス