文字サイズ

想田和弘氏 なぜ自助ではなく率先して公助なのか…中曽根元首相葬儀に9600万円

 映画作家の想田和弘氏が25日にツイッターに投稿。政府が25日の閣議で、故中曽根康弘元首相の合同葬の経費として約9600万円を計上することを決定したことに疑問を呈した。

 想田氏は「菅首相や自民党は、こういう件では『自助』も『共助』もせずに率先して『公助』を使うのですね。なんでだろ」と菅義偉首相がかかげた「自助・共助・公助」との言葉を引用して疑問符を付けた。

 米山隆一元新潟県知事は「君達、親の葬式代が出せないなら自民党総裁になればいい。そうすれば国が9千万円だしてくれる。それが自助党助国助だよ」と菅首相の言葉を引用して疑問を示した。

 ネット上には「自助」を用いてこの件に触れた投稿が散見され、「中曽根一族の『自助』でお願いします」「国民には“自助”を求めるくせになぁ」「税金9千万使って、中曽根氏の葬儀か…。自助じゃなかったのかい?」などと疑問の声が見られた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス