文字サイズ

ミルクボーイ駒場がドラマ初主演!?抜てき知らぬまま 日常が物語に

 昨年のM-1グランプリ王者・ミルクボーイの駒場孝(34)が関西テレビ「知らないのは主役だけ」(27日、深夜0・30。関西ローカル)で、ドラマの主演を務めることが26日、分かった。ところが、駒場は抜てきされた事実を知らない。

 日常生活のできごとが、すべて脚本通りのドラマの世界だったら…。今作では約1カ月間、“何も知らない主役”駒場の日常を隠しカメラで撮影。リアルな反応とありのままの感情をとらえた映像に、脇役だけで描くドラマシーンを織り交ぜることで、主役に気付かれることなく、新しいドラマを作り上げる。

 ある日、駒場が後輩芸人から「相方との絆と自分の人生の幸せ、どっちか選べって言われたらどっちを取ります?」と聞かれたことをきっかけに、ありふれた日常に少しずつ異変が起き始める。

 M-1王者になるためにギャンブル断ちしていた駒場の相方・内海崇(34)に、ギャンブル好きの俳優・松尾諭(44)が、あるアプリを紹介する。一部のギャンブル愛好家を熱狂させているアプリで、内海は誘惑に勝てず、自分では手に負えないトラブルに巻き込まれてしまう。

 一方の駒場も、たむらけんじ(47)からアプリの存在を教えられるが、相方がのめり込んでいるとは思いもよらない。しかし、ある番組で女優の松井愛莉(23)に特技の占いをしてもらったところ、相方の窮地を示唆するような言葉を告げられ、不安がよぎる。どこまでがリアルでどこからがドラマなのか…。コンビ存続を揺るがす緊急事態に直面した時、駒場が放った言葉とは…。

 この“主役だけが何も知らないドラマ”をピース・又吉直樹(40)と野性爆弾・くっきー!(44)が鑑賞する。ミルクボーイ最大の危機といえる事態を見た又吉は「綾部やったらどうするかな。そういえば…」と、米ニューヨーク滞在中の相方を思いポツリ。逆に、相方のピンチに助けを求められたら「一応、行く」と男らしい一面をのぞかせる。

 一方のくっきー!は、駒場の言動に「どんだけ相方好きやねん!めっちゃいいコンビやん!うらやましい」と感動。ミルクボーイの2人がかつて交わした約束に、先輩コンビ芸人の2人は「仲がいい証拠やな!」(くっきー!)、「そんな会話、したことない」(又吉)と賛辞を贈る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス