文字サイズ

ウルトラマンのフジ・アキコ隊員「芸術的な展示でびっくり」

「スペシウム光線」のポーズを決める桜井浩子(左)と古谷敏=東京・水道橋
3枚

 人気特撮番組「ウルトラマン」でフジ・アキコ隊員を演じた女優の桜井浩子(74)と初代ウルトラマンのスーツアクターだった古谷敏(77)が4日、都内で行われた展覧会「特撮のDNA-ウルトラマン Genealogy」(5日開幕)のレセプションに出席した。

 紅一点のアキコ隊員で人気を博した桜井は、「私の写真も展示されていて、美術館みたいな芸術的な展示でびっくりしました」と語り、「これからも、特撮の軸がブレないウルトラマンをよろしくお願いします」をあいさつ。古谷は、傍らに置かれた、かつて自らが命を吹き込んだ初代ウルトラマンを愛おしげに見つめながら、「このときはまだやせていました。2月からずっと家にいてちょっと太ってしまいましたが、来年、またここに入りたいと思っているので、それまでにやせて入れるようにしたいと思います」と笑顔を浮かべた。

 写真撮影の際には、古谷は「ニューコロナ星人を退治する!」とスペシウム光線のポーズを披露し、「シュワッチ!」とノリノリ。「ニューコロナ星人に負けないように、頑張っていきましょう!」と呼びかけていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス