文字サイズ

真麻 引退の木下優樹菜へ「会見していたら…謝罪していたら…」

 フリーアナウンサーの高橋真麻が7日、フジテレビ系「バイキング」に出演。6日に突然の引退を発表した木下優樹菜について「もし会見したり、謝罪に行っていたらこうなっていなかったのかなと思うと…」と残念がった。

 番組では木下の引退について特集。タピオカ店店主への恫喝めいたメールが発端となり芸能活動を自粛したが、その際、木下はインスタグラムで文書こそ発表したものの、会見は開かず。さらにはタピオカ店店主にも謝罪に行っていないことも報じられている。

 真麻は「もし、ご本人が出てきて会見していたらとか、謝罪に行っていたらと考えたら、こうなっていなかったのかなと思うと…。たらればの話ですが」と、騒動後の対応次第では引退にまで発展しなかったのではと残念がった。

 「ただ一方で、芸能界ってどこまで芸能界なのか」とも訴え、インスタグラムやYouTubeの世界は「芸能界と言うのか、言わないのか」と疑問も。木下はファッションにも詳しかったことから「裏方として何かプロデュースするなら、逆に事務所さんがかんでない方が、好き勝手できるからいいんじゃないかと、ポジティブに考えるきっかけにもなる」とコメント。

 当然、迷惑を掛けた人たちへの謝罪は続ける必要があるとした上で「セカンドキャリアとして頑張れるのであれば、お子さんのこともあるし頑張ってほしい」と呼びかけていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス