文字サイズ

百田尚樹氏「高須先生のご意見に従う」…大村知事から謝罪あれば解職請求中止も

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が2日、名古屋市のホテルで会見し、愛知県の大村秀章知事(60)の解職請求(リコール)のため、政治団体「お辞め下さい大村秀章愛知県知事愛知100万人リコールの会」を設立したことを明かした。

 大村知事が実行委員会の会長を務めた芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展」は、公金で行った展示内容がふさわしくないなどと主張する高須氏は「愛知県民として恥ずかしいことをしてくれる知事は支持できない」と述べた。

 しかし、大村知事から謝罪があった場合についての対応を聞かれると「僕は常に許す姿勢」と前置きし、「個人的にはすごく遅いと思うが、その場合は心が動くかもしれない。(でも)謝る項目が多すぎて、全部謝るのは大変だと思う」と寛容さをみせる場面もあった。

 高須氏に賛同して出席した作家の百田尚樹氏は「私は高須先生のご意見に従うだけ。『僕、もうやめた』と言われて『私はやる』というわけにはいかない」とし、同じく政治評論家の竹田恒泰氏は「謝罪が本気かどうか見極められる。(知事は)辞職することができる。辞職がない場合、とことん戦うべきと高須先生に進言したい」と思いを明かした。

 ほかにジャーナリスト・有本香氏、武田邦彦中部大特任教授が同席。出席者5人のうち、高須氏と武田氏が愛知県に在住している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス