文字サイズ

小沢一郎氏 “馬鹿”の語源持ち出し「愚かな政治は国を滅ぼす」

 小沢一郎衆院議員が14日、ツイッターに投稿。検察庁法改正に伴う自民党の手法を危ぶみ、馬鹿の語源に触れている中国の歴史書・史記の一節を引用した。

 検察庁法改正案の強行採決に反対した自民党の泉田裕彦衆院議員が、同案を審議する衆院内閣委員会から「はずされることになった」とツイートした記事を貼り付けたうえで、小沢氏は史記の一節を紹介。

 「宰相趙高『陛下、今日は珍しい馬を連れてきました』皇帝「これは鹿ではないか」趙高『馬であろう?』ある家臣『馬です』ある家臣『鹿です』。鹿と言った家臣は皆殺され、秦はやがて滅んだ。史記にある馬鹿の語源である」と記した。

 そして「愚かな政治は国を滅ぼす。与党であっても間違いは間違いと言わないといけない」と持論を展開。党内の異論が封じ込まれる事態を問題視した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス