文字サイズ

岡江さん死去で綿引勝彦ショック 「天までとどけ」で夫婦役 「ただただ切なくてつらい」

 女優の岡江久美子(おかえ・くみこ、本名・大和田久美子=おおわだ・くみこ)さんが、23日午前5時20分、新型コロナウイルスによる肺炎のため東京都内の病院で死去した。63歳。東京都出身。所属事務所が同日発表した。TBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズで岡江さんと共演した俳優の綿引勝彦(74)は、所属事務所を通じて「『天までとどけ』で足かけ10年にわたり共演させていただきました。子供たちを含め、今でも本当の家族のように思っているので、今はただただ切なくてつらいです。心よりご冥福をお祈りします」とコメントを寄せた。

 綿引と岡江さんは同作で13人の子供を持つ夫婦を演じた。91年のスタートから人気を呼び、シリーズ8まで放送。子役だった共演者も含めて親交は続き、年1~2度は食事会を開催していた。劇中の大家族さながら、子役たちが実生活でも成長して結婚したり、子を持つ親となったりする姿を、2人はとても楽しみにしていたという。最近は食事会の間隔が開き気味だったことを残念がっていた。

 綿引は岡江さんが体調を崩していたことを知らず、悲報をニュースで知りショックを受けていたという。岡江さんのことを常々「表裏が全くなく、さっぱりして、素晴らしい女優さん。奥さん役で長年お世話になった」と話しており、“日本のお母さん”というイメージそのものの姿に、夫役として間近で接していただけに、悲しみは深い様子だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス