文字サイズ

「麒麟」波乱の帰蝶離反…川口春奈「何かが変わるかもと去ったのでは」残り4話

 10日放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の第40回「松永久秀の平蜘蛛」では、織田信長(染谷将太)を裏切り反旗を翻した松永久秀(吉田鋼太郎)が信貴山城の戦いで壮絶な最期を迎えた。久秀は、所有する天下の名茶器・平蜘蛛を信長に奪われまいと茶釜を抱えて爆死したとの説もあるが、「麒麟」では信頼する明智光秀(長谷川博己)に託して戦死。これが密偵を放っていた羽柴秀吉(佐々木蔵之介)から信長に伝わり、信長と光秀の間に一気に亀裂が入る波乱展開となった。

 残り4話。光秀が本能寺の変を起こした動機や、結末が読めない中、放送後にドラマの公式ツイッターに出演者のコメントが掲載された。第40回では、早世したとも、本能寺で信長とともに討たれたとも伝わる帰蝶(濃姫)が、信長から突然離反。故郷の美濃に戻ると告げ、光秀に平和な世になれば遊びに来いと告げた。

 意外な展開となり、帰蝶演じる川口春奈は公式ツイで、「暴走している信長を見て、帰蝶は責任を感じているんじゃないかなと思います。これまで信長を支えたり、けしかけたり、裏でプロデュース的なことをやってきたのは自分なので」と説明。「ここで離れることで、何かが変わるかもしれない。そんな思いで去ったのではないでしょうか」とコメントした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス