文字サイズ

小阪由佳「私はとんだ問題児だった」

ピーク時から23キロやせた姿を披露した小阪由佳
1枚拡大

 結婚をほのめかして突然“消息不明”になったり、激太りの自分の写真をブログに掲載するなどお騒がせイメージが定着していた元人気グラビアアイドルの小阪由佳(27)が30日、都内でダイエット飲料イベントに登場。約2年半振りに報道陣の前に姿を見せ、23キロダイエットに成功したスレンダーボディーを披露した。会見はぶっとび発言どころか、優等生的発言で、スマートに進行。終了後にはブログも更新し、「2年前の私はとんだ問題児お騒がせデブ野郎だった」「(記者の方は)おもしろくねーなーっと、ガッカリした方も、いたかもしれません」などと発言。成長した姿を印象づけた。

 公の場に出るのは、10年2月の合同ライブ出演以来、約2年半ぶり。小阪は、体重71・5キロで三段腹だった当時の全身パネル(写真)を眺めながら「ひどい…恥ずかしい気持ちでいっぱいです」と苦笑した。

 09年に結婚をほのめかして所属事務所を突然退社。事実上の引退状態となったが、「婚約はしたけど、うまく行かず別れた」と破局を認め、「つらい思いをしたことで、しっかりした精神面じゃなくなり、1日5食とっていた」ストレスから激太りしたことを明かした。

 ダイエットに成功し、今月、写真週刊誌でグラビア撮影にものぞんだが、「芸能界に戻るつもりはない。ダイエットする女性を応援する仕事をしたい」とウワサされるタレント復帰は否定。一部で報じられているAV女優転身も「そういうことはしない」と否定した。

 ブログでは、久々のマスコミ登場の理由を「誰でも健康的に綺麗になれること。そして、間違った道に進んでしまっても、逃げる事なく前を向くと姿勢。を、伝えたくて、今回この場にたたせてもらいました。」と説明。「色んな意味で、おもしろくねーなーっと、ガッカリした方も、正直いたかもしれません。てか、いました 記者のみなさん、何も言わずとも顔にそう書いてありました笑」と正直につづった。

 さらに「二年前の私は、とんだ問題児お騒がせデブ野郎だった」と振り返り、「本当に沢山の方に迷惑をかけ傷つけた人もいます」などと“消えた2年半”で成長した“新生・小阪由佳”をアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス