文字サイズ

純烈 欅坂・平手脱退に「ついにきたか、って感じ。彼女だけに付き人が…」

 歌謡コーラス・グループの純烈が24日、都内で書籍「白と黒とハッピー~純烈物語」(鈴木健.txt著)刊行記念トークショーを行い、前日、アイドルグループ・欅坂46からの脱退を発表した平手友梨奈(18)に言及した。

 平手に関する質問が飛ぶと、リーダーの酒井一圭(44)が、よどみなく平手への思いを口にした。欅坂とは歌番組などで共演することがあり、酒井は「ついにきたか、って感じ。バックステージで彼女だけに付き人がついて集中している姿、満身創痍(そうい)の姿を見ていました。あの若さで、きゃしゃで女性なのにと思いました」という。

 それだけに、酒井は平手が「卒業」という言葉を使わず「脱退」とした理由を思いやった。「メンバーやスタッフ、ファンに対して申し訳ない気持ちもあるんじゃないかな。センターとしてここで離脱せざるを得ない。卒業ってキレイな言葉だと違和感があるから、脱退を選んだんじゃないか。やり残したこともあるけど、肉体的にも精神的にもいっぱいだった部分があるんじゃないかな」と個人的感想という前提をつけて分析した。

 平手は欅坂の“絶対的エース”と呼ばれてきたが、酒井は「(純烈に)絶対的なエースはいないグループです。出入りも自由。“来る者は拒まず、出る者は追わず”です。メンバー増やそうかなと思ってます。新陳代謝のために。60~70代の新メンバーでも」と明かした。

 作品は、結成当初の秘話から、どん底時代や初の紅白出場やスキャンダルまで、純烈のすべてを描いたノンフィクション。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス