文字サイズ

SixTONESにYOSHIKI楽曲提供 タッキー副社長「ダメ元」直談判で実現

 ジャニーズJr.のユニット「SixTONES(ストーンズ)」のデビュー曲(来年1月22日発売)をX JAPANのYOSHIKIが手掛けたことが19日、分かった。YOSHIKIのジャニーズへの楽曲提供は初で、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(37)の直談判で実現。この日、東京国際フォーラムで行われた全国ホールツアー東京公演「Rough “XXXXXX”(ラフ ストーンズ)」でファンにも報告した。

 記念すべきデビュー曲は作詞作曲がYOSHIKIというビッグサプライズに、ファンは“Xポーズ”で祝福した。田中樹(24)は「激しくもあり、美しくもあり、YOSHIKIさんの世界観が詰まっているし、僕たちの魅力も引き出していただいている」と感激。美しい旋律の壮大なミディアムロックナンバーで、ジェシー(23)は「聞けば聞くほどクセになる」とお披露目を心待ちにした。

 X JAPANのファンだった滝沢氏が今春、「ダメ元」で、当時はデビューが決まっていなかったSixTONESの、Jr.としてのオリジナル曲を依頼した。都内でYOSHIKIと会った滝沢氏はMVを見せ、ゆくゆくは海外進出を視野に入れていることなどを熱烈にプレゼン。YOSHIKIも無限の可能性と、世界を目指す熱量ある志に共鳴し、楽曲提供を決めた。

 SixTONESは米進出の野望を描いており、世界での活躍は故ジャニー喜多川前社長の願いでもあった。メンバーも程なくYOSHIKIと対面。松村北斗(24)は「衝撃は忘れられない。後光が差していた」と興奮気味に振り返った。

 YOSHIKIは「滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、また『SixTONES』が海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信したので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせていただきました」とコメント。YOSHIKIが近年、国内アーティストに楽曲提供するのは極めてまれだ。

 森本慎太郎(22)は「世界に誇るジャニーズのSixTONESという肩書がつくように頑張りたい」と、自らに言い聞かせるように誓っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス