文字サイズ

木村拓哉、黒柳から剛速球質問 SMAPメンバーと会って「なんてことないの?」

 元SMAPの木村拓哉が28日、テレビ朝日系「徹子の部屋」に出演。黒柳から元メンバーとの仲を聞かれ「ベタベタな関係ではない」と、適度な距離感を保っていたことを訴えた。

 番組では冒頭からいきなり「その後どうなったの?」とSMAP解散後について黒柳が直球質問。これには木村も「どうなった?」と一瞬戸惑いを見せたものの「常に全力でやるしかないので、ぶれずにいきたいなと」と、解散後、ソロとなった心境を語った。

 更に黒柳は、解散騒動が報じられた後「そうかといってみんなと会ったとき、なんてことないの?普通?」と剛速球質問。木村は「普通は普通だと思います。ベタベタな関係ではないので」と、普段から適度な距離でメンバーと付き合っていたことを強調。それを聞いた黒柳は過去、フジテレビ系「SMAP×SMAP」のビストロスマップに出演した経験を振り返り「ご飯食べるやつ、呼ばれたじゃない?なんていうの?私語がないような」と、撮影時の様子をコメント。そして「あなたたち(の仲が)悪いって言ってるんじゃなく、ベタベタ話すことも全然なくて」と当時の印象を語った。

 木村も「逆にベタベタしてたら怖いですよね」と話し、「結果25年。家族より全然長く(一緒にいるから)」とコメント。黒柳から改めて1人になった感想を聞かれると「以前は変な話、ちょっと大きめの船でちょっと力を抜いても誰かが漕いでくれていたけど、もう完全に単体の船になったので、自分が漕ぐのをやめたら1人でやっていくしかない」と、ソロとなった意気込みを語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス