文字サイズ

関ジャニ横山 苦しかった子供時代、親の死明かす 2人の弟の面倒を…

 関ジャニ∞の横山裕(35)が3日にフジテレビ系で放送された「ダウンタウンなう」(金曜、後9・55)に出演。親を早くに亡くし、弟の生活の面倒をみてきたことなどを明かした。母子家庭で育った横山は男3兄弟の長男。母親は2010年5月16日に急逝している。

 横山は「親が早めに亡くなった」ため、横山が2人の弟の生活の面倒をみてきた。ダウンタウンや坂上忍らと酒を飲みながらのトークで、「親が離婚したり。早めに亡くなったりしてるんで、(生活は)昔は苦しかったですね。(母親と)家族4人で5畳ぐらいかな…」と苦しかった子供時代を振り返った。

 3兄弟の真ん中の弟は昨年結婚。「すごいよかったですね。ほんまホッとしました」と喜んだ。下の弟とは「今一緒に住んでます」と同居していることを告白。松本人志は「東京に呼んであげたん?偉いねえ」と感心していた。

 その弟は「もうちょっとで(家を)出ていくんです。税理士になって。『独り立ちするわ』って」と立派に独り立ちすることを兄として誇らしい表情で話していた。

 横山は今年1月27日に放送されたTBS系「A-Studio」に出演した際、最愛の母の死について語っていた。

 母親は横山の全国ソロツアーの最中、青森公演(10年5月16日)の当日に急逝した。亡くなる直前には、4月3日の大阪城ホール公演を観に来てくれていたそうで、「最後、大阪城ホールでの姿を見せてるんです。それがよかったです」。訃報を聞いた後の青森公演は中止せずに開催。「お客さんにはバラしたらいかんと思って…」と母の死を伝えずにいたが、公演中、母を思って作詞した楽曲「オニギシ」を歌いながら「涙出てもうて」と観客に背を向けて号泣したことを、涙を流しながら明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス