文字サイズ

三原じゅん子議員の「政権」発言が炎上「日本は独裁国家?」

 参議院議員の三原じゅん子氏が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と投稿した4日のツイートが大きな反響を呼び、同日から5日にかけて多くのコメントが書き込まれた。

 発端は三原氏が1日に同党女性局の組織図をツイッター上で公開したことから始まったとみられ、さまざまな返信に対する中で「政権を握っているのは総理大臣だけですよ」とツイートした。

 三原氏の投稿に対して「国民主権の意味、理解出来ますか?」「総理大臣はあらゆる権限を一手に握る王様ではありません」「【悲報】自民党女性局長三原じゅん子さん、議院内閣制を理解していないことを爽やかに表明」「日本は憲法にもとづく議院内閣制ではなく、独裁国家なのですね」といった基本的な解釈に対する異論が相次いだ。

 さらに「このツイートの問題は日本が首相による独裁政権という事を与党の国会議員が公言した事」「安倍氏に対しての忠誠心を言いたいだけ」、支持者とみられるフォロワーからも「『政権』発言、がっかりです。もっと勉強してください」との苦言もあった。

 前新潟県知事で弁護士の米山隆一氏は「自民党三原じゅん子女性局長は、まず『政権』の意味を理解していないが、実質的にも政権運営に携わっていない事を自ら認めている。つまり自民党内において女性の発言権はほぼゼロであり、その様な政党の政策に女性の地位向上など望むべくもない」と指摘した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス